アロベビーはあせものケアにも良いの?本当のところを解説

赤ちゃんの肌トラブル対策として評判のアロベビーミルクローション。

よく起こる肌荒れの1つに「あせも」がありますが、同じように効果が期待できるのでしょうか。

ここではあせもケアの基本に触れながら、アロベビーの有効性について迫ってみました

 

 

あせもケアの基本は?

あせもは、汗腺という汗の出口がつまり、中に汗が溜まって炎症を起こしている状態です。

原因は汗のかきすぎで、特に赤ちゃんは汗の量が多く、また汗腺が発達しきっていないということからあせもが起きやすいといえます。

 

基本的には白く透明な斑点だったり、軽く赤くなるくらいで済むことがほとんどですが、場合によっては周りが赤くただれたり、「とびひ」といって別の場所に湿疹が移ってしまう場合もあります。

 

そうならないために、以下のケアが勧められています。

  • 部屋を適温にする
  • 通気性・吸湿性の良い服を着る
  • 汗を小まめに拭いて、清潔を保つ

つまり、汗をかかないことと、清潔にすることです。

 

 

アロベビーに期待できるあせもへの効果:2つあります

①保湿

軽いあせもなら良いですが、周囲が赤くただれてしまうような場合は、肌のバリア機能が低下している状態とも言えます。

その為汗のよる刺激を受けて、赤くなってしまうということですね。

 

元々赤ちゃんの肌は薄いので、この刺激の弱さはしょうがない部分です。

しかし、そんなか弱いお肌のバリア機能を高める方法があり、それが保湿ケアになります。

 

角質層は潤いってこそ水分のバリア層を作ることができ、これが刺激から肌を守ってくれるということです。

その為、アロベビーに期待できるあせもへの効果1つ目は、「保湿によるバリア機能向上」ということになります。

 

②炎症を直接抑える

アロベビーに配合されているイタドリ根エキスやオウゴンエキスには、炎症を沈める作用があります。

軽い炎症であれば、薬を使わずとも効果が期待できるので、この辺りはアロベビーの良いところといえそうです。

※直接的に、あせもの炎症を沈めてくれる。

 

 

 


あせも対策の基本は、

  • 余分な汗をかかせないこと
  • 出た汗をすぐに清潔にすること

この2つです。

 

しかし、汗に含まれる塩分などが、あせもをさらに刺激する場合もあります

その為もう一方では、スキンケアで肌を保護したり炎症そのものを落ち着かせていくことも大切といえるでしょう。

 

あせもケアにおいて、アロベビーは環境への配慮以外の部分に貢献してくれます(肌そのもののケアをする)

お悩みの方は、アロベビーでのスキンケアを検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

よければこちらも参考にしてください。

アロベビーの使い方:顔に使っても安心?

アロベビーでアレルギー反応が!?安全性を確認